会長あいさつ

2017-2018年度 活動方針

千葉港ロータリークラブ

会長 鈴木芳明
この度、2017-2018年度 千葉港ロータリークラブ会長を仰せつかりました。
千葉港ロータリークラブは12月で33周年を迎え、私自身入会して9年がたち7月より10年目を迎えます。この節目の年に会長をさせて頂くにあたり、大変光栄であるとともに重責に身が引き締まる思いであり、精一杯全うしていく所存でございます。
とはいえまだまだわからないことが多々あり、ロータリーの理念をしっかり勉強しながら会員皆様とクラブ活動を楽しんでいきたいと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します。

今年のイアンH.S.ライズリーRI会長テーマは「ロータリー:変化をもたらす」です。
英文(ROTARY:MAKING A DIFFERENCE)

またRI会長は「ロータリーとは何ですか?」とい質問に対し、「どのような団体か」ではなく「何をしているか」で定義されると説明しています。
御承知のように昨年の規定審議会による改変は、RIが世界最大のボランティア団体を目指す方向性にあるとのことで、職業倫理や中核となる価値観(奉仕・親睦・多様性・高潔性・リーダーシップ)を重んじてきた特に日本のロータリーとはギャップができているようです。
また、これまで単年度主義のロータリーでしたが、これもRIが戦略計画のもとに複数年に渡る事業継続の推奨に方針を転じております。
世界のロータリーがそのような状況の中で、寺嶋哲生ガバナーは理念(職業倫理)と実践(奉仕活動)は二者択一ではなく、地区・クラブ・会員の中で共存できるものであり、そのような思いから行動方針として「理念と実践~Think Next~」を掲げられました。
この方針を基本に、ロータリーの目的や職業奉仕の理念をより一層学び習得しながら、現在行っている奉仕活動をより充実させ、より一層自由で開かれた遠慮なく意見の言える楽しいクラブにしていきます(当然今でも当クラブは風通しが良く楽しいクラブです)。
そして我がクラブの今年度テーマとして「集まれ仲間、ロータリーを楽しもう」を掲げさせて頂き、充実したクラブ活動を目指します。
ガバナーやガバナー補佐・地区委員の方々はあくまでも、各クラブのお手伝いと管理のみされているのであり、RIと各クラブ自体が直轄で各クラブには大きな裁量権を認められており、柔軟性をもって活発な活動に挑戦していきます。また、クラブ内でも会長・幹事が偉いのではなく、あくまでもクラブ活動をまとめるリーダー的立場であるだけですので、会員皆様平等ですから、遠慮なくご意見出して楽しいクラブに皆でしていきましょう。


本年度のクラブ目標を、次のように掲げます。

① 会員増強の取り組み
女性会員純増1名、40歳未満の会員純増1名を含めて、合計純増3名以上(特に不在職種を重点的に)を達成する 。
《具体策として》
a次年度以降も継続できるよう会員増強のための戦略委員会をつくり、複数年かけて候補の方が入会しやすくするための細則改変を行う
b. 継続的に入会候補者へのプレゼン懇親会を行う(毎月の最終夜例会時も含め)
c. 一度プレゼンに来て頂いた候補者を2年間かけて本会員になって頂くための体制作り
② 奉仕活動の充実(これまで継続してきた奉仕活動の内容をより充実させ、可能な限り新たな奉仕活動を増やしていく
a. 野の花の家・フレンドシップアジアハウス「こすもす」への継続支援
b. 地域生活支援センター「ふらる」への支援
c. ラオスの小学校への支援
d. ポートタワー周辺の清掃
e. 千葉市少年サッカー大会への後援
f. 国際ジュニア音楽コンクールへの後援
g. 米山奨学生の受入とサポート
③ 出席率10%以上アップに繋げる楽しい雰囲気作り、卓話の充実
④ クラブの奉仕活動についてパブリシティへの案内を積極的に行う
⑤ 会員へのマイロータリー登録推進とロータリークラブセントラルの利用アップ
⑥ 会員数の植樹を行う


各委員会の皆様へ
会員増強委員会⇒会員増強のための戦略委員会をつくり、細則改変を行い、候補者を入会しやすくして会員増強実現をお願い致します。

クラブ管理運営委員会⇒クラブ運営の全体フォローと、小委員会が楽しく活発に活動できるようサポートを宜しくお願い致します。
プログラム委員会⇒第一週は会員卓話及びクラブ研修委員会の卓話をお願い致します。
第二週以降は会員皆様に声を掛け、他方面の方々の卓話をお願いします。
また3ヶ月に1度は地区委員の方に卓話をお願いして勉強の時間も設けましょう。毎月最終例会は会員のお店にて夜例会で懇親を深めましょう。
クラブ研修委員会⇒職業奉仕の理念の勉強を卓話でお願い致します。

親睦委員会⇒例会の進行や例年の親睦行事を今年もよろしくお願い致します。
クラブ会報委員会⇒卓話をまとめて頂いた「週報」、坂登会員の「瓦版」共に今年も宜しくお願い致します。
職業奉仕委員会⇒ロータリーは職業を通じて奉仕する団体であることを活動の発展に努めていきましょう。

広共イメージ委員会⇒当クラブの行っているいろいろな奉仕活動を、多方面にアピールできるよう宜しくお願い致します。

奉仕プロジェクト委員会⇒小委員会へのサポートを宜しくお願い致します。
社会奉仕委員会⇒クラブ目標にも掲げてます継続奉仕活動のサポートを引き続き宜しくお願い致します。
国際奉仕委員会⇒クラブ目標にも掲げてます地区補助金を使ったラオス学校への支援を今年度も引き続きお願いします。
青少年奉仕RYLA委員会⇒ロータリー青少年指導者養成プログラム(RYLA)へ参加できるよう宜しくお願い致します。

ロータリー財団委員会⇒定められた寄付達成を今年も宜しくお願い致します。
米山記念奨学会⇒ 4月より奨学生のルーイーウェンさんが来られています。
岩澤世話役、奨学生のサポート宜しくお願い致します。
また皆様の寄付も宜しくお願い致します。

その他、船木委員長を中心とするゴルフクラブのような気軽に楽しくできるクラブ活動の要望あるようでしたら積極的に作っていきましょう。
今年度も例会終了後参加可能な方は、1階カフェにてお茶しながら楽しい会話をしましょう。

最後に、私がこの千葉港ロータリークラブに9年間在籍し、時には大変な時もありましたが退会せずに充実した楽しいクラブ活動を過ごせたかと言いますと、会員皆様がとても優しくクラブの風通しが大変良く、言いたいことも遠慮なく言わせて頂いたり、少ない人数のクラブでありながらたくさんの継続的な社会への奉仕活動を活発に行っていて満足感が得られるそんなクラブだったからです。また、他クラブの方々とも仲良くさせて頂き、自分自身が成長できる人間形成の場として楽しみながらとても勉強させて頂きました。
これからは私が中心となり長澤幹事と共に、会員皆様のロータリー活動を楽しく続けられるようにサポートさせて頂きますので一年間どうぞ宜しくお願いいたします。