会長あいさつ

会長就任のご挨拶

千葉港ロータリークラブ

会長 鈴木芳明
クラブテーマ『笑顔あふれる元気な仲間になろう』

この度、2020-2021年度千葉港ロータリークラブの会長を仰せつかりました。
ご承知の通り現在新型コロナウイルスの感染が世界中に蔓延しており、なかなか終息が見えない状況の中で、今後の舵取りが難しく、予定通りに活動していけるかわかりませんが、皆様1年間ご協力の程 何卒宜しくお願い致します。

今年のホルガー・クナーク(ドイツ)RI会長テーマは「ロータリーは機会の扉を開く」です。
英文(Rotary Opens Opportunities)です。
扉の向こうには様々な奉仕の機会があり、自分を磨いたり学んだり、困っている人々のために役立つ機会、その扉をどんどん開いていきましょうということです。
ロータリーのビジョン声明(私たちは世界で地域社会でそして自分自身の中で持続可能な良い変化を生むために人びとが手を取り合って行動する世界を目指しています)を達成するために4つの戦略的優先事項(行動計画)①より大きなインパクトをもたらす②参加者の基盤を広げる③参加者の積極的なかかわりを促す④適応力を高めるが定められました。

そして、今年度の漆原ガバナーは「クラブが主役となり、奉仕の理念の実践を」をスローガンに掲げられました。若手および入会歴少ない会員は奉仕活動をしたいために入会した方がとても多く、4つの戦略的優先事項のもとに、第一に奉仕活動を重点に1年間活動していきたいと思います。

もう一つは中長期戦略計画のもと、入会若手会員にどんどん意見を出してもらい、複数年に渡った時代に合ったクラブの変革をもたらしてもらいたいと思っております。
わがクラブは現時点でも風通しがとても良く自由度の高いクラブですが、もっともっと満足感のあふれるクラブにしていければと考えております。会員は皆平等ですので、遠慮なく意見を出して下さい。

私の今年度のテーマは「積極的な奉仕活動を通じて自己の人生を満足させよう」です。 本年度のクラブ活動方針を次のように掲げます。
① 奉仕活動の充実(地域社会や会員からの奉仕の要望があれば可能な範囲で行っていく)
 a. 野の花の家・フレンドシップアジアハウス「こすもす」への継続支援
 b. 地域生活支援センター「ふらる」への支援
 c. ラオス国支援
 d. ポートタワー周辺の清掃
 e. 千葉市少年サッカー大会への後援
 f. 米山奨学生の受入とサポート
 g. 新たな奉仕活動
② クラブの奉仕活動について戦略的優先事項のもとパブリシティへの積極的PR
③ 卓話の充実と100%出席に繋げる楽しい雰囲気作りおよび楽しい炉辺会議
④ 会員同士の柔軟なコミュニケーションと親密度アップ
⑤ 会員数30名を目指した会員増強を全員で行う
⑥ ロータリーの研修を入会1年目でも理解できるようなやさしいわかりやすい形で行う
⑦ 引き続き参加可能な会員のゴルフ同好会のコンペを開催する


委員会の皆様へ
クラブ管理運営委員会:クラブ運営の全体フォローと、小委員会が楽しく活発に活動できるようサポートを宜しくお願い致します。

プログラム委員会:会員皆さんが興味を持ち満足できるプログラムをお願いします。

クラブ研修委員会:わかりやすく理解しやすい説明をお願い致します。

親睦委員会:例会の進行や例年の親睦行事を今年もよろしくお願い致します。

クラブ会報委員会⇒手間がかかり大変でしょうが何卒宜しくお願い致します。

会員増強委員:会員数30名以上を目標に全員で頑張っていきましょう

広共イメージ委員会:当クラブの行っているいろいろな奉仕活動を、多方面にアピールできるよう宜しくお願い致します。

奉仕プロジェクト:小委員会へのサポートを宜しくお願い致します。

職業奉仕委員会⇒ロータリーは職業を通じて奉仕する団体であることを活動の発展に努めていきましょう。

社会奉仕委員会⇒クラブ目標にも掲げてます継続奉仕活動のサポートを引き続き宜しくお願い致します。

国際奉仕委員会⇒クラブ目標にも掲げてます地区補助金を使ったラオス国への支援を今年度も引き続きお願いします

青少年奉仕RYLA委員会⇒ロータリー青少年指導者養成プログラム(RYLA)へ参加できるよう宜しくお願いします。

ロータリー財団委員会:定められた寄付達成を今年も宜しくお願い致します。

米山記念奨学会⇒髙𣘺委員長、奨学生のサポート宜しくお願いします。
         米山への寄付も宜しくお願いします。

皆様、1年間どうぞ宜しくお願いいたします。



以上